【オンラインカジノ】テーブルゲームで力を発揮する基本ストラテジーとは?

番組改編期!7月開始の気になる新ドラマ3選

オンラインカジノの中でも圧倒的な人気を誇るのがブラックジャックやポーカー、バカラやルーレットなどのテーブルゲームです。さて、ここで質問です!あなたは勝率を安定させるために、何らかのストラテジーを用いてプレイをしていますか?

テーブルゲームには数学的に説明されたシステムベッティングというストラテジーが数多く存在します。ここではその中で最も活用されている基本的な戦略をご紹介したいと思います。初心者のためのオンラインゲームガイドにも詳しく掲載されていますので、あわせて参考にしてみて下さい。

「マーチンゲール法」はルールが簡単で初心者向き

マーチンゲール法はブラックジャックやバカラ、ルーレットなどで有効に働くシステムベッティングです。最もルールが簡単で、初心者の方でも難なく理解できる基本的な戦略となります。マーチンゲール法(Martingale Strategy)は赤黒、ハイ・ローといった50/50のテーブルゲームで使います。

ルールは至ってシンプルで「負けた時に賭け金を2倍に、また勝った時には最初の賭け金額に戻す」だけです。ここで「負け続けたら、チップが全部なくなってしまう!」という声が聞こえてきそうですが、この戦略では勝つまで賭け金を倍にしていけば、何度負けても最終的には損した分を全て回収できます。なおかつ、最初の賭け金は純粋に利益として手元に帰ってくるのが特徴です。

マーチンゲール法は、たとえ負け続けても、たった一回の勝利で巻き返しを図ることができます。2倍配当に有効な戦略ですが、そもそも50%の勝率で連敗し続けるのは、逆に難しいと言えます。しかしながら、短時間でのビッグウィンが期待できない、ある程度の軍資金が必要になるといったデメリットがあることも否めません。

マーチンゲール法は、初心者の方でもストレスなく試せる基本的なシステムベッティングですが、万が一数回負け続けた場合、心に不安と迷いが生じることがあるかもしれません。しかし、どれだけ賭け金が倍増し続けても、最後に一度勝てば負けを全て取り返すことができる仕組みなので、我慢強く実践していきましょう。

「ラブシェール法」は守りのストラテジー

システムベッティングには大きく分けて「攻め」の戦略と「守り」の戦略の2つがありますが、「ラブシェール法(Labouchere Method)」は、守りのストラテジーとなります。大勝利は望まないから、最低限の損失で抑えたい!という状況で効果を発揮します。もともと、イギリスの数学者がリスクマネジメントを成功させるために考え出したストラテジーなので、説得力がありますね。

まずご自身で任意の数字を4個から10個の間で選んで、紙などに書き並べます。たとえば「2,3,1,2,3」などのように、自分の好きな数字を並べましょう。

そして、その数列の両端の合計数字を賭けます。たとえば、前述の例の場合2と3なので「7ドル」賭けます。勝った場合はその賭け金を数列の一番右に書き加え、負けた場合は数列の両端の数字を消します。つまり、1ラウンドの後の数列の状態は、以下のどちらかになります。

  • 勝った時「2,3,1,2,3,7」
  • 負けた時「3,1,2」

このアクションを続けていき、希望の金額に達したら好きなタイミングでこの戦略を終えて下さい。逆に連続して負けてしまい、数字が全て消えてしまった時も賭けをストップします。つまり、ここで損切ができるわけですね。ぜひ、実践してみて下さい!

合わせてよく読まれる記事

  1. 横浜最新!1億円以上の宝くじでJAPANドリーム!買うならよ…

  2. 埼玉最新!1億円以上の宝くじでJAPANドリーム!買うならよ…

  3. 広島最新!1億円以上の宝くじでJAPANドリーム!買うならよ…

  4. 【オンカジ】モバイルがデスクトップより良いなのはなぜ?明確な理由を説明

    【オンカジ】モバイルがデスクトップより良いなのはなぜ?明確な…

  5. 事実!当たる宝くじには理由があった?!当たりやすい宝くじの購…

  6. 神戸最新!1億円以上の宝くじでJAPANドリーム!買うならよ…