生産現場でロボットアームを使用するメリット

生産現場でロボットアームを使用するメリット

協働ロボットは、その入手のしやすさから、製造業やその他の分野でプロセスの自動化を目指す全ての企業にとって、必然性の高い存在となっています。

従来のロボットは、多額の資金を持ち、投資収益率の高い資産に投資する余裕のある大企業のためのものでしたが、協働ロボットはそういった高いハードルがありません。ユニバーサル ロボット(Universal Robots) 社の ロボットアーム は、従来のロボットが必要としていたスペースをあまり必要とせず、製造業が導入するのに適した多くの利点を備えています。

ロボットアームのメリット

1. 職場の安全性の向上

ロボットを使用した反復作業は、特に過酷な条件下での製造において、作業者が怪我をする危険性を低減します。また、監督者はオンラインまたは遠隔地からプロセスを監視することができます。

2. 精度と正確さ

工場における協働ロボットアームの主な利点の1つは、高精度で正確であることです。ロボットはプログラムされた通りに正確に動作するため、その正確さと精密さは折り紙付きです。

これは、会社から生産される製品の品質向上と不良品の減少、材料費の節減にもつながります。

3. 生産品質の安定

ロボットアームには、作業を実行するための指示を与える必要があります。そのため、プログラムされた指示と一貫性のある作業をこなすことができます。企業が提供する商品やサービスの品質が一定であることは、顧客からの信頼度を高めます。

4. 高い生産性

人間が行っていた作業をロボットアームに任せることで、生産性を向上させることができます。

かさばる面倒な仕事をこなし、人間には革新的なプロジェクトに集中するための十分な時間を残し、電子メールの返信や顧客との会話など、多くの時間を確保することができます。

その結果、高品質な製品が生まれ、顧客も満足するのです。

5. スピードと効率

今日、どのようなビジネスにおいても、競争力を維持するためにスピードと効率性は重要です。

ロボットは速く、効率的に作業を進めることができます。正確で精度が高く、複数の作業をこなすことができるため、組織の財政状態や市場での地位の向上に貢献します。

6. 費用対効果

自動化されると、必要な作業員の数が減り、大きな労働力に関連する賃金やその他の経費を節約することができます。

確かに、スタートアップ企業にとって初期費用は大変なものです。しかし、一旦、プロセスを活用すれば、投資に対する十分なリターンを実現するのにわずかな時間しかかかりません。さらに、一流の製品を素早く生産し販売することで、同じように素早く利益を上げることができます。

7. 雇用の創出

職場に導入することで、ロボットアームの作業を監督する人の仕事が生まれます。ロボットアームが機能するためには、やはり人の手が必要で、ロボットアームの組み立てやプログラミングを行う人間の仕事が増えます。そのため、彼らが持っていない新しい技術やエンジニアリングのスキルや知識を習得し、開発することを支援することにもなります。

まとめ

最高品質の製品を作りたいと真剣に考える企業は、消費者の要求に応えるために一定の生産ラインを持ち、より少ない費用でより多くの製品を作るため、ロボットアームを導入する必要があります。

Universal Robots 社の ロボットアームは、危険な環境で従業員の安全を確保しなければならないという負担を軽減し、事故の可能性や訴訟に直面するリスクも取り除いてくれます。