【旦那給料少ない・安い】生活・離婚の危機を脱する|平均給料と悩み

旦那の給料が安すぎて、本当は嬉しいはずの給料日が毎月憂鬱な気分になる。』

ワーキングプアという言葉が世に出て久しいですが、誰もがそうなりたくてなっているわけではありません。

旦那給料安い場合の平均給料は?

一般的に幸福度が最も下がるターニングポイントの年収は300万円と言われています。

月給で額面総支給がボーナスなしの計算で25万円。一般的な低所得者としての悩みが多くなるのが手取り20万円ん以下の場合です。

ちなみに日本人の平均の年収は約410万円であるため、300万円だからといって驚くほど低いかというとそうではありません。

職業によっては、稼げない職業TOP10など、そもそもその職業自体が稼げないというものも多々あります。

旦那の給料が安いと感じるタイミング

急な出費を支払った時

・知人友人の結婚式のお祝い

・子供の学費の支払い

・家の修繕・車の車検費用の支払い

・冷蔵庫・テレビなどの家電の買い替え

など、数万円を超える大きな出費をするときに、普段の生活ではなんとかいっていても『お金がない』という感覚に陥る場合が多い様です。

他人の旦那と比べたとき

・ボーナスが出ない

・昇級・昇進しない

・他の家族が買えているものが買えない

(家や車)

ふとした会話の中で他人の財布の中身が見えることがあります。

そんなときに、なぜウチはこんなにお金がないのか。と感じる方が多い様です。

 

買い物に行ったとき

 

日常的に買い物といえば、スーパーなどでの生活物資の買い物です。

そんなとき節約のために『こんなものも買えない』『数百円が出せない』など、小さな葛藤に嫌気が差すパターンが多い。

世の嫁たちの悲痛の叫び・悩みが急増

・子供を作れない

・とにかく生活が火の車

https://twitter.com/chihiroomi0524/status/806474920771231745?lang=ja

https://twitter.com/asa13330/status/790763077029408768?lang=ja

・お金のことで喧嘩が絶えない

https://twitter.com/yt05162/status/809517904576163840?lang=ja

https://twitter.com/8tsumi/status/753148548544237568?lang=ja

生活の危機を脱する方法

生活コストを徹底的に下げる

・絶対にお金は借りない

まずは今の手取り給料で生活できる状態にしていくことが肝心。

借金をしてしまうと、利子がかかりさらには今の手元資金よりも多くのお金で生活することになり、倹約節約からは遠ざかってしまいます。

・節約は方法ではなく心の問題

人はどこまでいっても満足できない生き物と言います。

そのため、満足できる状態を目指すのではなく、今の状態に満足する様に努めることが肝心です。

・市営住宅に応募する

固定経費を下げることが先決です。いくら食費を5,000円削ったとしても、家賃が高ければそれでも意味がありません。

同じ広さ・設備であれば市営住宅が最も安いので、応募しておき当選したら引っ越しまましょう。

収入を上げる

家計の収入源は『旦那』と『あなた』です。旦那さんだけが収入源ではないので、限られた時間の中で稼ぐことを考えましょう。

・副業の方法を探す

5万円から始められるFX

転売せどりで稼ぐ方法

フリマアプリで稼ぐ方法

当サイト内でも紹介しています。

 

その他在宅で人気の副業といえば、チャットレディ・内職などがあります。

PCができればデータ入力・ライターの仕事なども人気です。

 

どうしても離婚の危機に直面した場合に覚えておくべきこと

旦那の給料が安く離婚の危機というくらいなので、原因が相手にある場合が多いかもしれません。

生活努力をしていいながら旦那が外で借金を作ってきたり、ギャンブルで生活費を使い込んでしまい実質虐待を受けている状態などです。

そこで覚えてお行かなくてはならないのは、慰謝料・養育費の問題です。

慰謝料・養育費は取れない可能性が高い

そう覚えておいてください。

それでも、離婚の選択肢を選ぶのか、もう一度二人で力を合わせて頑張るのか。です。

慰謝料・養育費はもちろん。法的な構想力を持ちますので、払う必要のあるものを払わなくて良くなることは絶対にありえません。

しかし、支払うという行為を強制することはできません。

どういうことかというと、払えない人を捕まえて労働させたり、などはできません。

民事執行の手続きをして、現在の財産を拘束したりすることはできませんが、生活に困るほどの収入の人が払う意思(努力の意思)がない場合は、基本的に請求後の未払いとなることがほとんどです。

今一度よう考えて話し合うことが、最初のステップとなりそうです。

合わせてよく読まれる記事

  1. メンズ!大人男性の習い事はダンス教室!『ダンサー男子は出会い…

  2. 【車を安く買う方法】新車でも簡単に安く買うには?

  3. 【異動・新生活プレゼント】30代大人女性が喜ぶ人気商品!女子…

  4. 事務職の残業代計算の仕方!意外と知らない計算方法を伝授!

  5. 【当て逃げしてしまったら】刑事罰と自首の方法

  6. 【世界ギネス記録】意外と注目すべき面白い記録だけを集めたギネ…