日本でオンラインカジノをプレイするのは安全なの?

日本でオンラインカジノをプレイするのは安全なの?

日本国内で爆発的な人気を博しているオンラインカジノ。基本的には海外ベースのオンラインカジノでプレイすることになりますが「日本で参加するのは安全なのか?」ちょっと気になりませんか?日本で定評のあるオンラインカジノは日本語サイトを構築し、カスタマーサポートも日本語で行っているところがほとんどです。しかし、包括的な安全性については不安な方もいるかもしれません。安定したインターネット接続さえ整えば、いつでもどこでも気軽に楽しめますが、安全については確認しておきたいですよね。

ここではオンラインカジノ 安全性について、信頼できるインターネットカジノの判断基準やおすすめ オンライン カジノに欠かせない要素についてご紹介します。

オンラインカジノの国内での安全性は?

海外拠点のオンラインカジノブランドでも日本でプレイするのは安全なのでしょうか?

危険な香りがするがオンラインカジノは安全

「オンラインカジノ」と聞いて頭によぎるイメージはどのようなものですか?「ランドカジノのインターネット版」という肯定的なものもあると思いますが、正直なところ、やはり「何だか胡散臭い」「危険な香りがする」といった意見の方が多いかもしれませんよね。

結論からお話しますと、オンラインカジノは一定の条件をクリアしていれば「安全」と言えます。詳しくは次の項でご説明しますが、まず安全なオンラインカジノとして運営するには厳しい審査を高い基準でクリアしなければなりません。オンラインカジノと一言でいっても、ビジネスを営む企業と同じ立ち位置にいます。つまり、企業として財務関連に問題がないことが大前提となるわけです。

加えて、オンラインカジノという性質上、毎日巨額の資金が移動しますよね。ほぼ銀行レベルのスピードで行われるため、入出金におけるリスク管理や安全対策は金融機関と同等のシステムを導入する必要があります。実際、オンラインカジノプレイヤーが最も危惧するのが出金でのトラブルです。これを100%の安全基準で遵守することで、ようやく運営許可が下りるのです。どうです?安心しましたか?

さらに、個人情報や財務情報といったオンラインカジノ上の全ての情報は、高度SSL化により瞬時に暗号化されます。つまり、第三者には解読不可能の文字に化けるため、読み取りができなくなるということになります。こういった状況を考慮すると、オンラインカジノを日本でプレイするのは安全だという結論に至ります!

世界各国でオンラインカジノ人口が増加しているという現実

一般的な感覚として、オンラインカジノが安全でなければプレイしませんよね?2021年末に調査したオンラインカジノ人口の調査では、世界中で何と4,000万人以上がインターネットカジノにアクセスしていることがわかっています。

1990年代半ばにオンラインカジノが注目を浴び始めてから30年近くが経ちますが、あっという間に利用者が増えました。実際、日本国内でもオンラインカジノ利用者が300万人近くに上るとされており、国内でのオンラインカジノ人気にも拍車がかかったと容易に予測ができます。

さらに、オンラインカジノ市場の規模も急激に伸びており、2022年末には56兆円を超えるレベルまで成長すると言われています。プレイヤーが増えるから市場規模も拡大する!これは真っ当な方程式だと言えますよね。世界中にファンが大勢いて、これからも増え続けると言われているとなると、やはり安全性には疑いがないとうことにもなります。

モバイルカジノや仮想通貨の採用も大きく貢献

インターネットを通して安全にカジノプレイが楽しめるという「安心感」に加え、さらに多くの新規顧客を獲得している背景に「モバイルカジノ」や「仮想通貨」の採用があります。もはやオンラインカジノはモバイルカジノであることが当然であるような雰囲気さえ感じます。現代人の多忙なライフスタイルを垣間見ても、移動中や外出先で使い慣れたスマホやiPhoneを使ってスロットゲームやブラックジャック、バカラといったテーブルゲームが楽しめるのは至福の喜びでしょう。臨場感あふれるライブゲームやライブショーも登場し、よりリアルな体験をできるのも大きなプラスとなっています。

さらに「安全性」に戻って考えると、各カジノブランドが提供しているオリジナルアプリには指紋認証や二段階認証といった強固なセキュリティも導入されています。最先端のアプリ機能を搭載しているため、「安全」に使用することもできますね。

また、オンラインカジノの中には決済方法でビットコインをはじめ、ドージコイン、イーサリアム、カルダノといった優良アルトコイン銘柄の採用も始まっています。法定通貨の代わりとして注目される決済手段として積極的に採用されていますが、仮想通貨を決済に取り入れる場合も厳しい審査をくぐらなければなりません。それでも採用に踏み切る理由は世界ベースでの「需要の高まり」にあります。手数料も無料のため、クレジットカードから切り替えるプレイヤーも多くいるんですよ。

安全にプレイできるおすすめのオンラインカジノとは?

日本でオンラインカジノをプレイするのは安全なの?2

Pixabay

最後に、安心してプレイできるオンラインカジノの見分け方についてご紹介します。カジノブランドを選ぶ際のベンチマークとして確認するようにしましょう。

実績のある運営会社が管理している

まず、日本でプレイできるオンラインカジノは公的機関ではありません。そのため、海外の企業がビジネスライセンスを持って運営しています。例えば、日本でもトップレベルの人気を誇る「賭けっ子リンリン」はカジノ業界でも大手として名高いキュラソーベースの「Chancier B,V」という一流企業によって運営されています。加えて、厳格なライセンス機関として知られるキュラソーライセンス(Curacao eGaming)を取得して運営・管理されているため、安全性においてはお墨付きなのです。

安全にオンラインカジノでプレイするには、カジノブランドをビジネスの観点から見ることが大切。運営実績があるか、過去に問題がなかったかなど、企業として見定めることが重要となります。オンラインカジノブランドの中には海外の株式市場に上場しているところもあり、こういった例では財務情報が透明化するため、さらに安全度が高まります!安全なオンラインカジノを選ぶ時は運営会社を確認しましょう。

厳格なライセンス機関で規制されている

前述に関連する項目となりますが、安全性の高いオンラインカジノを見極めるには「どこのライセンスを取得しているか?」をチェックすることも大切です。もっとも、オンラインカジノでライセンスのないところは論外ですので、絶対に選ばないようにしましょう。出金ができなかったり、常識外に高い賭け条件を設定している場合も多いです。

主にライセンス機関で確認する項目は運営会社の実績の他、資金力、支払い体制、情報管理のクオリティ、ゲームの公平性、マネーロンダリング対策の実施、カジノゲーム依存への対策(責任あるギャンブル)などになります。これらをチャックして基準に達していないとライセンスの認可は下りません。

それでは、カジノ業界で信頼されている安全性の高いライセンス機関を以下でご紹介します。

  • マルタ賭博局(MGA)
  • 英国賭博委員会(UKGC)
  • キュラソーゲーム委員会(CIGA)
  • ゲーミングキュラソー(GC)
  • ジブラルタル規制当局(GRA)
  • マン島ギャンブル監督委員会(GSC)

その他にも、カナダ政府が管轄する「カナワケ」も定評のあるライセンスとして知られています。近年ではフィリピン政府が発行する「First Cagayan(ファーストカガヤン)」や「PAGCOR(パクゴー)」といったライセンスの名前も見かけるようになりました。特にフィリピンでは「オカダマニラ」や「リゾートワールドマニラ」といった巨大ランドカジノのあるカジノ大国でもあります。そういった背景からもフィリピンライセンスの信頼度は高まりつつあるようです。

また、南米の国が発行するライセンスがあるようですが、こちらは安全性が確認されていないため避けるようにしてください。

第三機関の監査が入っている

オンラインカジノをプレイしていると「第三機関の監査」という言葉を目にすることはありませんか?カジノ業界における第三機関とは、マルタやキュラソーといったライセンス機関とは別に、単独でゲームの公平性や安全性、RNGの導入チェックなどを行うサードパーティー機関を意味しています。というわけで、二重三重に安全性を確認しているという意味でも、より安全ということなのです。

世界にはおよそ2000以上のオンラインカジノが存在しているため、不正やイカサマなどの行為を行っているところもあるかもしれません。こういった行為を取り締まる上でも、第三機関は重要なポジションにあります。下記で主な第三者機関を挙げてみましょう。

  • eCogra:イーコグラ。2003年英国で設立。非営利団体としてソフトウェアシステムの承認を行っています。
  • GLI:ゲーミング・ラボラトリーズ・インターナショナル。1989年米国ニュージャージー州で創立。TSTと同系列の監査機関です。
  • iTech Labs:アイテック・ラボ。オーストラリア・メルボルンの独立監査機関。オンラインゲーム全般の試験やRNGの認証を行っています。
  • TST:テクニカル・システムズ・テスティング。1993年に創立したカナダ・バンクーバーに拠点を置くゲーミング監査機関です。前述GLIのグループ企業。
  • TüV Rheinland:テュフラインランド。ドイツで1872年創立の老舗監査機関。オンラインカジノの他にも利用機器や自動車の技術監査も行っています。

フィードバックや登録者の声がポジティブである

オンラインカジノの安全について「実際の声」に耳を傾けることも重要ですよね。例えば、「安心してゲームに参加できた」「入出金がスムーズだった」といったポジティブな声が多くあれば安心です。逆に「賭け条件をクリアしたのに出金できなかった」「ボーナスがもらえなかった」という低評価があれば、見逃さずに考慮すべきです。

ぜひ、前述のライセンスや第三機関の確認と併せて、フィードバックや登録者の声もざっくりと目を通しておきましょう。

まとめ

オンラインカジノの安全性を判断するにはライセンス、第三機関などを見ることが大切です。日本国内でプレイするのは安全と言えますが、これもカジノブランドによりけりということになります。そうとはいいながら、世界中でオンカジファンが増えているのも事実。安全にプレイするためにも、他人にアカウントを貸したりしないように心掛けましょう。

合わせてよく読まれる記事

  1. 神戸最新!1億円以上の宝くじでJAPANドリーム!買うならよ…

  2. 名古屋最新!1億円以上の宝くじでJAPANドリーム!買うなら…

  3. 大人のクリスマスパーティーで盛り上がる鉄板ゲームの新定番に迫…

  4. 新しいギャンブル、オンラインスロットを始めるべき理由

    新しいギャンブル、オンラインスロットを始めるべき理由

  5. プロeスポーツ選手になるにはどうしたらいいの?

    プロeスポーツ選手になるにはどうしたらいいの?

  6. 千葉最新!1億円以上の宝くじでJAPANドリーム!買うならよ…