授業参観はどんな服装で行くべき?ちょうどいいコーデのポイント

授業参観はどんな服装で行くべき?ちょうどいいコーデのポイント

学校に通うお子さんがいるご家庭では、授業参観の服装をどのように決めていますか?ジーンズなどカジュアルすぎる服装では場違いな気もしますし、あまりに正装していても浮いてしまう可能性がありますよね。特に初めてお子さんが小学校に上がった場合、授業参観の服装は悩んでしまうと思います。この記事では「ちょうどいい」授業参観の服装について解説していきます。

授業参観はどんな服装で行く?ポイントまとめ

授業参観の服装は、かしこまりすぎずラフすぎない「ちょうどいい」コーディネートがベストです。子どもや先生、またほかの保護者から好感を持たれるファッションだと、なお喜ばしいですよね。きれいめスタイルで美人ママを目指せる、授業参観の服装を解説します。普段とは少しだけ違う雰囲気のコーディネートを組めば、子どもからも思わぬ褒め言葉をもらえるかもしれませんね!それでは、見てみましょう。

授業参観の服装①上品なワンピース

授業参観の服装1つ目は、上品なワンピースです。カラーはブラックやベージュ、ネイビーなどベーシックなものを選び、膝下の丈を選べば好印象な授業参観の服装が出来上がり。飾りがあっても華やかですし、シンプルなものは甘くなりすぎずキレイめコーデになりますね。バッグやアクセサリーはホワイトやパールのものを選んで、シンプルな華やかさを演出しましょう。

授業参観の服装②好印象なトレンチコート

授業参観の服装2つ目は、好印象なトレンチコートです。トレンチコードを合わせればいつものコーディネートやカジュアルな服装が格上げされます。トレンチコートは、暑い夏を除いてずっと着まわせるアウターなので、それぞれの季節に合わせた色を取り入れながら授業参観の服装として活用してみてはいかがでしょうか。トレンチコートにボリュームがあるので、ヘアスタイルはすっきりまとめるのがポイントですよ。

授業参観の服装③セットアップで簡単に

授業参観の服装3つ目は、セットアップです。コーディネートを考えることなく授業参観の服装を作れるセットアップは、数着持っておくと便利。それだけで好印象な授業参観の服装が出来上がるので、ぜひモノトーンのセットアップは持っておくことをおすすめしますよ。春夏なら明るいベージュやキャラメル色、秋冬ならモノトーンが映えますね。

授業参観の服装④ワイドパンツでカジュアルに

授業参観の服装4つ目は、ワイドパンツです。授業参観の服装でなくても着回しのきくワイドパンツは、授業参観の服装にするなら合わせるトップスと小物を工夫しましょう。トップスをホワイトやブラックにすれば、ワイドパンツがどんなカラーでも合わせやすいですね。ワイドパンツがカジュアルな印象を与えるので、小物はキレイめなものを選びましょう。

まとめ

授業参観の服装のポイントをまとめてみました。昨今では携帯用スリッパ ユニクロで買えるようにもなり、より手軽に授業参観の服装を決められるようになりましたね。現在では授業参観の数自体が増え、ママ向けに平日開催されるものや、パパ向けに週末開催されるものなど、保護者が学校に出向く機会も増えました。この記事でご紹介した授業参観の服装アイテムを一通り持っておけば、いつどんなときも好印象なママコーデを完成させることができますよ。

合わせてよく読まれる記事

  1. 営業職の残業代計算の仕方は?意外と知らない計算方法を伝授!

  2. 【人間関係】仕事行きたくない病?辛いし仕事辞めたい…鬱病(う…

  3. バレるから辞めたほうがいい『当て逃げ』とその重い罰金罰則。知…

  4. 【会社飲み会断り方】お金を払ってまで行きたくない!怪しまれな…

  5. 仕事にやりがいがない!その原因はどこ??無闇に転職する前に解…

  6. 事務職の残業代計算の仕方!意外と知らない計算方法を伝授!