彼氏の束縛心理は?さすがにひどいと思った時の対処法!

「なぜすぐにLINEの返事がないの?」「他の男がいる飲み会に行ってはダメ」「着信履歴がとんでもない数字」「他の男と話すのは禁止」

束縛がエスカレートしてストーカーに。

そんな話も珍しくない昨今。特にスマホの普及によって

いつ・どこで・何をしているか

など、簡単に履歴やアプリを見ればわかる時代になってしまいました。

彼氏の束縛はどこからが束縛?

『〜してほしくない』などの意思表示はギリギリセーフ?!

恋人が遊びに行く時や、友達や会社の人との付き合いで、合コンや他の男性と会話をする場所に行かなくてはならないことはあるはず。

それが嫌だから、「いかないでほしい」はまだセーフのライン。

単純に自分の意思を伝えているだけなので、束縛ではなく素直に意思表示してくれていると捉えるべきかもしれません。

『〜禁止』は束縛!

何かを禁止すること、強制力を発揮することからが束縛と言われます。
犯罪やギャンブルなどの行為であれば、禁止でも良いかもしれませんが、他のことであれば、不当に相手の意思を阻害する行為となり、束縛と呼ばれて当然です。

「〜して」強要することは束縛

何かをしろと強要することは束縛になってしまいます。あくまで、何かをして欲しいくらいならこちらも単なる意思表示です。

他人への攻撃も束縛!

自分と恋人間での喧嘩やいざこざなら問題ありませんが、第三者を攻撃するようになったら、それも束縛と言えます。要は恐喝のようなものです。

言う通りにしなければ、攻撃する。ということなので人質を取っているようなものです。

束縛への対処法は?

褒めて安心させる

束縛がひどい彼氏の特徴としては、「自信がない」「信じられない」「疑い深い」ということです。

そのため、その寂しい心を満たしてあげるのが、一番の対処法です。

「いつも○○のおかげで楽しい」「○○がいてくれて安心してる」

など、定期的に声をかけてあげるように意識しましょう。

こまめに連絡を取る

彼氏の束縛でいちばん多いのは、「連絡関連」です。

まずは、既読スルーは持ってのほか。しっかり見た時点で返してあげましょう。

それだけで安心します。

何かあれば、「今○○してるところ」など教えてあげると、何事も包み隠さずに伝えてくれていると思って安心します。

彼氏との関係を考え直す

もう束縛がひどすぎて無理!!

そう思ったら、関係を考え直しましょう。合わない相手というのは実際います。

今好きかどうかと将来幸せになれるかどうかは別の問題だと考えましょう。

最終手段は束縛を愛に転換する

それでも踏ん切りがつかない場合は、「こんなに愛してくれている」「深く想ってくれている」「表現が下手なだけ」そうこちらが大人になってポジティブに変換しましょう。

それで彼氏は安心して、束縛自体が必要なくなり、緩くなっていく可能性も十分にあります。

合わせてよく読まれる記事

  1. 当日準備できちゃうクリスマスレシピ人気ランキング!時間がなく…

  2. スマホでポイ活!主婦副業にぴったりな『ハピタス』が稼げる。お…

  3. 世界の暮らしをのぞき見!旅行気分が味わえるローカルでほっこり…

  4. 【公営(市営・県営)住宅家賃】募集申し込みから当選までの方法…

  5. ビットコインのチャート公開。リアルタイムで見る方法

  6. 【仕事辞めたい】辞める理由は『本音』じゃダメ?!スムーズな退…