Amazonで準備的に稼ぐ時に気をつける方法

前回の記事でまず準備的に稼ぐ方法を紹介しました。そして、最も簡単なのでAmazonとの紹介しました。

では、そのステップと気をつけておくべきことをここでは紹介します。


まず出品する商品


出品する商品を一気に自宅の棚やらクローゼットから集めましょう!出品人向いているものは、配送費をまとめて複雑化しないためにも柿がおすすめです。

・書籍・マンガ・写真集

・CD・DVD

ポイントは全てクリックポストで送ることができるものです。

そうすれば、送料は146円で抑えることができます。この送料146円というのが初心者が成功するキモです。


出品の仕方


Amazonのサイトにアクセスし、出品用アカウントというものを取得します。アカウントサービスというところから取得が可能です。

その手続き自体は簡単なものなのですぐに終わります。それが完了したら、あとは出品していくだけです。

出品用アカウントで出品登録をいうのをやっていくのですが、ここで少しポイントがあるので説明していきたいと思います。

出品登録を行って、商品名を入れていくと、該当する商品が出てきます。ここで、最低価格も一緒に出てきます。

そして該当する商品を選んだら価格設定を行って出品です。何を注意するかというと、価格をどうするか。です。

どれだけの期間で売捌きたいかにもよるので一概になんとも言えないのですが、やっちゃいけない価格設定というのがあります。それは、300円以下の商品の販売です。

なぜか?その理由はAmazonのちょっと複雑な手数料体系と報酬支払い体系に秘密があります。


商品販売代金−販売代金の10%+送料


これが最終的な程度利報酬となります。書籍などの場合は254円が総量として設定されています。クリックポストの送料は146円なので、総量で利益を出すことになります。

例えば300円で商品を販売した場合どういう計算になるかというと、300円ー30円+254円=524円

そして、実際のクリックポストの送料を考えると524円ー146円=378円

しかし、梱包費用を考えると1商品につき100円弱かかっています。ので利益は200円弱くらいになります。さらにクリックポスト登録にかかく時間5分くらいと、納品書の印刷・クリックポストを切りはりする手間と時間、封筒に入れて梱包してポストに投函する手間と時間。これを考えると、200円の利益でいいのかと。。しかも利益が200円と言っていますが、商品自体の価値を考えていない計算です。つまり原価ゼロ円の利益額なのでいくらで買った物なのかなどは一切無視した利益となっています。

自宅にあって今回売ってもいいかな〜と思うような物は、たしかにいくらで買ったのに!という気持ちは薄れていることと思いますが、できるだけ高値で売りたいのが心情ですので、この計算は参考にして下さい。


最低価格が1円や100円の場合


よくあるんです。ちなみに1円の商品は結構動きます。売れます。

でも1円でなんで出している人がいるんだ??そう思われて当然なので解説します。

1円で売れた時は販売手数料は当然かかりません。0.1円ですから。そして送料254円が入るので255円の報酬です。送料で儲けた形です。

しかし、そこからクリックポストの送料146円を引くと108円。そして上述のような梱包コストや手間を考えると、どうでしょう。ものは捨てずに無くなりますが、手間がかかる割に利益額が少なすぎる。そう思っても当然です。なので、この変の計算をして、心の予算というか、最低これだけ利益あったら手間かけてもいいか。。そう思えるギリギリが私は300円で利益200円くらいなんじゃないかと思うんです。

これは人によって様々なのでなんとも言えないですが、こんな薄利多売ばかりではなく利益額500円や1000円の商品も必ずあるので、そのうちのいくつかが、こういった少し考えなくてはならない価格設定になりそう。そんな程度です。

 

合わせてよく読まれる記事

  1. 正月にヒマならまず○○すれば生産性高く1時間潰せる。ゲーム以…

  2. 『彼女の友達が好き』ここは引くべきか、諦めるべきか…相談する…

  3. 初心者でも円ドル相場の予想なんてしなくても勝てる。勝つために…

  4. 不動産投資サブリースの注意点とは?

  5. 人脈こそ、副業のすべてではないか

  6. そんなうまい話ってあるのか?副業あるある