【飲み会断り方】歓迎会・送別会・二次会断りたい!と思ったらまず読む断る方法

会社・アルバイトで何かと多い。『行きたく無い飲み会』『断りたい二次会』あるかと思います。

しかし無下に断ってしまうとそのあとが面倒でなかなか断れない。なんて経験誰しもがあるのではないでしょうか。

でも、『体力的に難しい』『自分の時間が欲しい』『二次会まではいけない』そんな方のためにスマートに参加しない方法を伝授します。

その場で断らない

断るという行為は拒否されたという感情を与えてしまい基本的には良い印象は与えないものですよね。

そのためにすべきことはは、その場ですぐに断らないことが大切です。「一旦保留でいいですか?確認してお返事します」といった返答をするようにしましょう。

それによって、行きたい気持ちがあることを感じさせ、断る際にも「予定があるのかもしれない」と相手に予感させておくためにも「行きたくない!」という完全拒絶のイメージにならずに済むことができます。

まず、持ち帰る。ということで結論を先延ばしにします。

断り方基本:相手が納得できる理由で断る

断り方はある程度分かったとして、悩むのが欠席理由です。

断られた相手が、「それなら仕方ない」と納得できる理由がとても大事になってきます。

先約が入っている

自分より目上の人で断れないという設定で、先輩元上司や恩師との約束、同窓会といった理由が適切です。

親戚や家族の予定

病院の送迎や、看病や介護などが断る理由に当たります。

そんなのいいから参加してとは言いづらい理由です。

病院の検査や予約がある

予約がその日時しか取れなかったということにしましょう。

家庭の事情

「家庭の事情でいろいろありまして」という断り方です。

親の介護かもしれないし、親の入院なのかもしれないと匂わせる理由。

『なんの?』と聞かれても「プライベートなことなので」と逃げることもできます。

また、一度断れば次の場合も「家庭の事情で来られないかもしれない」という暗黙の了解にできる可能性があります。

体調不良

どうしても断れず、当日断る場合に可能な理由としては、「体調不良」があったというのが一番自然です。

https://twitter.com/nachi__09/status/817156894175338497

 

飲み会の欠席は、なぜか悪いことのような風土があります。

しかし、誰しもがお酒や宴会が好きなわけでも、仕事のコミュニケーションの補填として飲み会があるわけでもありません。

辛いなと思ったら断る勇気も大切です。

合わせてよく読まれる記事

  1. 【今年の抱負】漢字一文字の書初めワード集|新年の願いや意気込…

  2. 【仕事辞めたい】会社員やめて生きていく方法!放っておくと「う…

  3. 【地方在住の人必見】東京で1人暮らしをするためのトリセツ①

  4. 【当て逃げされたら】泣き寝入りしない初期対応の方法

  5. 【会社を休む理由】当日の朝に仕事を休むベストな言い訳は?

  6. 【仕事辞めたい】辞める理由は『本音』じゃダメ?!スムーズな退…