大人の資格検定講座!今取得すべき資格、医療事務!女性に人気No.1

何か将来のために、選べる選択肢が広がるスキルや資格を持っておきたい!

今のうちに勉強して、将来の可能性を広げたい!

『でも何が一番良いか分からない』上昇志向の方を応援する情報をご紹介!

資格検定『医療事務』とはどんなもの?

医療事務という資格は、医療関連施設の事務職としての就職・転職・再就職に役立つ、女性に人気の資格で圧倒的な知名度と信頼があります。

医療事務は座って行う仕事で体力をあまり必要としないため、年齢に関わらず、長く安定して働けます。

正社員・パート・アルバイトなど勤務形態もさまざまで、働き方が選びやすいのも魅力の一つ。

結婚・出産後に強い資格

一度休職したりブランク後の再就職を考えたい方、家事や育児と両立しながら働きたいという方におすすめの資格です。

医療関係の仕事は多くあり、今後も高齢社会の到来により仕事が触れていくことが想定されます。

医療事務の仕事内容

病院や診療所で受付や会計(患者対応や金銭授受など)カルテ管理・入力業務、レセプト業務、クラーク業務を行うのが医療事務の仕事です。

医師、看護師、患者の間に立って、事務作業を一手にこなす病院の要とも言える存在。

レセプト業務は、医療費の7割(患者が病院で支払うのは医療費の3割)を保険組合に請求するために必要な書類(レセプト)を作成し、請求するまでの一連業務です。

レセプト作成や会計業務を効率的に行うために、医療や薬の知識も必要になります。

医療事務資格の種類

一般的に「医療事務」と呼ばれている資格ですが、実はこれは1つの資格ではなく、医療現場の事務に関する資格ということで、その種類は数多く存在します。

また、医療事務は国家資格ではなく、全て民間団体や主催学校などの認定資格=民間資格となり、医療事務関連の求人に応募する際に資格は必須ではありません。

面接で資格の有無を問われることがあるため、医療事務の資格を取得していると就職に有利な場合があるので、資格を取得される方がほとんどです。

資格取得の難易度は試験によって変化

上述の様に、いくつかの民間資格に分かれています。

そのため、何度は受ける資格によって変わります。

当然ですが、難易度の高い資格(人気度が高い)ほど就職に有利であり、難易度の低い資格ほど就職には有利に働かない傾向にあると言えます。

医療事務資格の種類

医療事務技能審査試験(日本医療教育財団)

医療事務管理士(技能認定振興協会)

診療報酬請求事務能力認定試験(日本医療保険事務協会)

医療事務認定実務者(R)(全国医療福祉教育協会)

まとめ

資格の種類を見極めて、自分の力量に合わせて取得していくことが大事になります。

難易度の低いものから取得して、徐々に難易度の高いものを取得していくこともおすすめです。

合わせてよく読まれる記事

  1. 【海賊と呼ばれた男】出光興産創業者の出光佐三(国岡鐵三)とは…

  2. 【車を安く買う方法】新車でも簡単に安く買うには?

  3. 気づかなかった・・・当て逃げ「してしまった」場合のベストな対…

  4. 【人間関係】仕事行きたくない病?辛いし仕事辞めたい…鬱病(う…

  5. 【面白い漢字一文字】そんな読み方あったんだ!雑学で使える漢字…

  6. 【社会人彼氏作り方】異性との出会いを得る方法!イイ男GETは…