LINEでデートをうまく誘えたら…自然な誘い方でスマートな男をアピール!

LINEはしてるけど、なかなかどのタイミングでデートに誘ったらいいかどうか、迷うところです。

LINEだからこそ、相手に返答の猶予の時間を与えてしまって不自然にならないか?そんな心配も無用!自然にデートにLINEで誘うコツをご紹介!

女性の心理をうまく使って、スマートな誘い方でぽいんとアップ!

LINEでデートに誘うための女性心理を理解する

女性は男性に比べて気が利き少しの変化に敏感に気付きやすいものです。

女性は調和を求める役割を歴史上になってきたため、脳の作り上変化に敏感なのです。常に見ているところが男性と違うということです。

例えば、ファッションの流行や髪を切った、などの日常の変化を見れば一目瞭然です。

ファッッションは明らかに女子向けの店舗が多く、トレンドは女性が作るものです。

20・30代の独身男性に対して「1か月の洋服代はいくら?」と質問したところ、「0円」と回答した人は7.9%、「1円〜5千円」と回答した人は23.9%、「5千円〜1万円」と回答した人は30.0%、「1万円〜3万円」と回答した人は28.7%、「3万円以上」と回答した人は9.5%と、約6割が1万円以下という結果

このデータを見ても、女性の方が圧倒的にファッションに敏感です。

さらに、日常で髪を切ったということにまず気づくのは女性です。あなたの周りでもあなたの髪型の変化に気づいてくれるのは、大半が女生ですよね。

街中を見渡して見ても、髪が伸び放題でボサボサだったり、プリンが目立つのは、圧倒的に男性ではないでしょうか。

それだけ女性は変化に敏感なのです。

今回は、その心理を逆手に取った誘い方をご紹介します!

LINEでデートに誘うには、LINEにヒントがある!

女性は変化に敏感で大きな変化を嫌う傾向にあります。

しかし、胸キュンするドストライクを除く、という注意書きがありますが、ここでは上級テクニックのため割愛します。

自然に誘うためのヒントは、当然2人のやりとりの中にあるのです。

結論から言うと、『今度一緒に行く?』『行って見たいけど一緒に行ってくれない?』そんな誘い方がベストです。

なんのことかと言うと、相手の興味のあるものに同調し、目的を共有することで自然に誘うのです。

LINEで相手の興味を引き出す

『今度一緒に行く?』『行って見たいけど一緒に行ってくれない?』

という鉄板誘い文句を言うためには、『どこに』『何をしに』『何のために』がなければいけません。

そのため、誘い方よりもどれだけ相手の情報を聞き出すか?というヒアリング能力が試されるのです。

しかし、『何が好きなの?』『行きたいところある?』と聞くとなんだか詮索しているようで気が引けてしまいます。そのため、自然に相手の興味のあること、相手が好きでやっていることを聞き出す質問を駆使するのです。

流行りの映画、〇○見た?

映画は滞在時間も長く距離も近いためデートスポットとして最適です。そのために、流行りの映画に興味があるかを聞き出すのです。

話題の、○○って食べたことある?

食事は基本的に会話を伴い邪魔も入らず滞在時間も1時間〜3時間と長いですから、こちらもデートスポットとしては鉄板です。

デートと形式ばらなくても無理にそれ以上の時間を共有しなくてもいいわけですから、相手も気が楽です。

話題の食事で言えば、パンケーキなどのスイーツ系、熟成肉などの食事系など、探せばいくらでもあります。

 

他にも相手の興味を引き出すための質問も多々あります。

例えば、仕事帰りの時間どう使ってる?暇な休日何したらいいと思う?

など、相手の生活の中で趣味に充てそうなシーンを想像して相手の興味を聞き出すのです。

誘われる前から答えは8割決まってる

デートの誘い方が悪くて断られる事は実際はないです。

どう言うことかと言うと、デートを自然に誘う流れの中で、『興味』『趣味』『好きなもの』など、デートに誘われる口実になるようなものを答えた時点で、半分勝ちなのです。

そもそも争いごとや面倒ごとを嫌うのが女性です。

そのため、そもそも誘われたくない男性に対して、誘い文句になるような情報は与えないのです。

LINEで誘う鉄則を心得る

[adsense]
LINEでテートに誘うのは、普段のリアルなコミュニケーションでの会話とは違った難しさがあります。

それは、『間』です。返答するまでの時間ですね。

LINEで『今度一緒に行かない?』と言えば、トークに入らなくても、トーク一覧ですぐに分かってしまいますし、多忙で返事を忘れてしまって温度感が冷めてしまう。ということも起きてくるのです。

そうしないための工夫を紹介します。

LINEで誘うなら3行目に誘い文句

LINEで既読にさせるのがまず第一関門です。

既読になれば、早く返さなくてはいけないと考える時間を与えないことができます。

PC版のLINEやiPad用のLINEで見ている可能性も十分あるので、確実に開かなければ見れない状態にしておくことで、『開いたら誘われてた』状態を作るのです。

LINEで誘う時間帯は確実に返事が来る時間帯

LINEが今リアルタイムで会話できてる!そういうタイミングで誘いを送りましょう。

相手の時間を完全に把握する必要はないですし、難しいです。

なので、今繋がってるな。5分以内に返事がコンスタントに来るな。そう思った時が誘い時です。

男性に比べて女性は肌のケアのために早めに就寝する傾向にあります。

なので、望ましいのは22時前後。お風呂に入って、肌のケアをして、テレビを見ながらLINEを返してくれている。そんなリラックスムードの時の彼女に向けて、自然な誘い方をするのです。

まとめ

一番大事なのは、誘い方よりも、そのお膳立てです。

しかし、お膳立てが良くても、誘い方が唐突だったり、相手の忙しい時間に誘いをしてしまっては元も子もありません。

そのバランスを上手く取りながら自然と誘えるのがスマートな男性です。

『良い人だし、スマートに誘ってくれた』そう言ってもらえるように小さな努力を積み重ねるのがポイントかもしれませんね。

合わせてよく読まれる記事

  1. 【脈ありLINEの法則】好きな人、男性からの無意識なサインに…

  2. 大人の習い事は出会いが多い!30代に人気5選のおすすめスクー…

  3. 30代で大人の習い事楽器編|ピアノ・バイオリンやりたい!選び…

  4. 男性おすすめ!大人の習い事厳選TOP3|スキルアップも出会い…

  5. 旦那が束縛する心理は?夫とはいえこれはひどい…と思った時の対…

  6. 【大学生街コン】未来の彼氏と出会う街コン攻略のすすめ