【アドセンス審査】1ヶ月以内に初心者が受かる方法|Google AdSense

2016年からGoogle AdSenseの審査厳格化

アフィリエイターがまず最初に超えなければいけない関門はGoogle先生の厳格な審査です。

アドセンスの審査対策のブログでも、数え切れないほどのサイトがあります。

結論から言うと審査用ブログは通用しにくくなっているということです。

というと、ブログだって初めて書くしサーバーやらドメインやらで頭がいっぱい!!という初心者にとっては頭の痛い難題になるわけです。

でも安心して下さい。私も全くの初心者から20日間で審査を通過しました。しっかり対策をすれば合格は勝ち取ることができます。

2016年以前とは違う部分

まず第一に、無料ブログなどの独自ドメインでないものこれは審査をうけることいができません!!

ドメインというのは、〇〇.jp などのそのサイトの住所になる部分です。例えば、メインページに2つの階層になるページがぶら下がっていいるとしたら、

https;//○○.jp

https;//○○.jp/地下1階

https;//○○.jp/地下2階

こんなイメージでURLが変わっていきます。しかし常に、https;//○○.jp この部分は同じわけなので、住所のようなという表現です。

そしてこのドメインは無料ブログの場合、サイト自体のドメイン名が入っています。

これは当然のことで、例えばよくアドセンス審査のために使用を推奨されているso-netブログなどでは、ドメインは『http://blog.so-net.ne.jp』です。これが無料ドメインということになります。

しかし、これは当たり前のことで、無料ブログはこの住所にみんなぶら下がる形でブログサイトを作って投稿しています。

なので、無料ブログで独自ドメインを獲得する。ということは絶対にできないので、潔く諦めて独自ドメインを取得してブログサイトを構築しましょう。

審査は1次・2次ではなくなった

審査を進めて行くと、まずなかなかGoogle先生から返答の返事は(合否)は来ません。3日以内と言いながら2週間かかったりします。

そこで自分は今どの状態にあるのか?というのが気になって気になってしょうがないはずです。

審査は機械によるアカウントの接続審査と、人によるサイト適正審査があります。

一つ目のアカウントの接続審査では、無料ブログなどのドメインを使って申請をしようとすると

URL にはパス(example.com/path)やサブドメイン(subdomain.example.com)を使用できません。

このこれからアフィリを始めようかと言うような初心者には全く意味不明なエラーが出るのです。

これは、無料ドメインとかサブドメインではだめだよ。と言っています。サブドメインについては、今知っておく必要はありません。

審査合格のために必要なことは?

これは巷で言われていることが往々にして真実でないことも多いです。

が、私は基本的に最低限のことしか行わないで審査を20日間で通過しましたので、マネしていただければ通過する可能性はとても高い。と言えると思います。

・最初の審査は9記事で出した

・それから毎日投稿した

・記事は全て1,500次以上

・テーマはSTINGER3

・装飾はほぼなし(区切りの横ラインくらいしか使っていない)

・内容は日記ではなく副業について書いた(少しお悩み解決?)

・SNS関連のアイコンは全て削除

・他のアフィリは一切貼らない

・他リンク・著作権画像は一切なし

・アイキャッチ画像は全記事貼った(自作画像)

・ヘッダー画像も自作で挿入

サイトのスペックとしてはこれで受かります。見た目はとてもシンプルで質素な感じになりますが、後でちゃんと学んで変えようと思って我慢して毎日テキストオンリーブログを書きました。

ちなみに、ブログの最高PVは 15 ほぼゼロか1〜2でした。なのでPVは関係なし。

GoogleのSearch Consoleに登録したり、クローラー(サイトを巡回している機械)に見つけてもらいやすくしたりなど細々作業はしました。

合わせてよく読まれる記事

  1. 【アドセンス審査】結果が来ない時に催促する方法|Google…

  2. 【アドセンス審査】厳格化でも3週間で通るサイト構築方法|Go…

  3. 【アドセンンス審査】厳格化でも3週間で通った実際の記事|Go…

  4. 【アドセンス審査】エラーの誤送信メールは可能性あり!実際の対…

  5. 【アドセンス審査】厳格化でも裏技なし3週間で通る方法|Goo…