【アドセンス審査】厳格化でも裏技なし3週間で通る方法|Google AdSense

2016年9月ごろから更に厳格化してGoogleアドセンスの審査。

しかし、実際に私は3週間で無事通ることができました。

Googleアドセンスの審査は裏ワザはない

簡単に言うと、Googleアドセンスの審査は、機械的と言うより広告主・カスタマー観点が大きい公平な審査です。

そのため、裏技的なことは通用しにくい。Googleアドセンスの審査は『マジメに』やっていくのがいいのではないかなと思っています。

Googleアドセンスの審査に通るポイントはある

それでも、効率的に審査を通過するためにポイントはあります。

・画像は貼らない方がベター

著作権フリーであれば問題ないですが、無くても通るならあえてリスクを取らない方がいい

・広告は貼らない方がベター

基本的には問題ありませんが、不適切な箇所に貼ってあったり、誘導性があるなどの場合はGoogleアドセンス審査への影響が考えられます。

何度も言いますが、ない方がベター。

・被リンクは多い方がいいが、自作リンクはしない

バレなければ有利に働きますが、仮にバレた場合そのアカウント自体ブラックリストに入る場合があります。

被リンクが少なくてもGoogleアドセンスの審査は通るので、ない方がベター

と、他にもたくさんあります。が、これって当たり前のことですよね。

でも、やりがちなんです。先のことを考えると後でどうせやるなら今からやりたいという心理が働くからです。

※2016年から『so-netブログ』などの無料ブログで申請は行なえません。

独自ドメインでの申請が必須となります。

無料ブログでアドンセンス申請を出そうとすると、サイトURLを入力したところで

 URL にはパス(example.com/path)やサブドメイン(subdomain.example.com)を使用できません。

というエラーで出ます。

これは、独自ドメインでないと申請できませんよ。そのドメインは、独自ドメインとは認められません(サブドメイン形式はダメですよ)。

という意味です。

基本的にGoogleアドセンス審査は合格ラインを超えることに集中

最低ここまでできていれば、だいたい合格できる。というラインがあります。

それは、記事内容の実用性サイトの倫理性最低限の必要物、の3つが集合したラインです。

???

一つ一つなんのことなのか見ていきたいと思います。

Googleアドセンス審査〜記事内容の実用性〜

これが最も大事です。これができていなければ、まず受からないと思ってください。

でも、そう高いハードルではないので安心して大丈夫です。

まず、これは記事に関しての実用性のことを言っています。要は内容です。

日記ブログでいいという情報が多いですし、実際に私もそうしていた時期もあります。

が、Googleアドセンス審査では、人が実際に目視でブログを見ます。

そこで、日記は実用性が欠けている場合が多いです。今まではそれでよかったですが、厳格化したことで記事内容も明らかな審査通過用ブログでは通りにくくなってきています。

そういうトレンドということです。

これは簡単に解決できるので、日記ブログ実用的日記ブログに変えて記事を書いて行きます。

 

例えば、日記を書くにしても何か誰かに教えるブログを意識して描きましよう。

 

具体的には、タイトルと記事の冒頭に入れておく。そこだけやっておけば自然とブログ内容は誰かに何かを教える内容が入ります。

教える内容はニュースでも、近所の出来事やでもなんでもいいです。

 

・記事は教える内容(規約違反に注意!)

・10記事くらいのタイミングで申請する(単なる最低ライン)

・毎日1記事以上書く(単なる最低ライン)

毎日書く意味は、鮮度の問題です。毎日書いているブログは鮮度がある程度担保され、実用性がある。とみなされます。

サイトの倫理性、最低限の必要物、に関しては次の記事でご覧ください。

合わせてよく読まれる記事

  1. 【アドセンス審査】厳格化でも3週間で通るサイト構築方法|Go…

  2. 【アドセンンス審査】厳格化でも3週間で通った実際の記事|Go…

  3. 【アドセンス審査】1ヶ月以内に初心者が受かる方法|Googl…

  4. 【アドセンス審査】エラーの誤送信メールは可能性あり!実際の対…

  5. 【アドセンス審査】結果が来ない時に催促する方法|Google…