【薄毛対策】原因探索より大切なこと|カラーリング染色して実は大丈夫!

対策はいろいろとあるわけで、その中でも即効性があるものなのか、それとも根本的なものなのか。それをうまく選んでいけば自ずと理想の対策ができるはず。

根本的な対策としてあげられるのは、最たるものは育毛です。

もっとも即効性があるのは、ウィッグ、つまりカツラです。

これでわかるように、カツラはすぐに結果を出すことができても、根本的な解決には一切なりませんよね。なので、自分にあった対策をしていくことが、肝心なのです。


誰しも髪型は選ぶべき


自分にあったものを選ぶ中で、髪型だけはだれしもが選ぶ項目ですよね。

巷にもいろいろと育毛中の方に向けたヘアスタイルの提案がありますが、理論的な補足をつけて解説していきたいと思います。

まず、髪は染めた方がいいと思います。なぜなら、コントラストがつくと、薄い部分が目立つからです。頭皮は当然肌色ですので、茶色に染めれば目立ちにくいです。


でも頭皮ダメージが・・・


ヘアカラーは頭皮にダメージを与えます!!じゃあどうしたらいいのかって。大丈夫です。頭皮に薬剤をつけない施術ができるヘアサロンで施術を行えばいいのです。

まず大前提として、ホームカラーは絶対に頭皮に薬剤が付きます。

ヘアサロンであれば、コームなどを使って頭皮に薬剤がつかないように施術をすることが可能ですし、保護剤と言って予め頭皮をカバーするような薬剤を塗布して守ることもできます。

カラー剤というのは、髪のキューティクルを開いて髪の中に色味の成分を入れて行くものです。

しかし、一般的にカラー剤というのは、色を入れるのが役割であって、キューティクルを開くために使うものはオキシという薬剤です。

オキシはカラー剤と一緒に混ぜて使うため、一般的にはあまり意識もしないものであると思います。

ただ、そのオキシの強さが問題です。

その調節を間違えると、頭皮にダメージをあたえてしまうため、結果的に悩みが進行する。。というわけです。


どこで染めたらいいんだ?


間違いなく、床屋です。床屋さんて雑でざっくりしたイメージあるかもしれませんが、彼らは常にショート〜ベリーショートの髪を扱っています。美容室は、ベリーショート〜スーパーロングまで扱っていますよね、当然女性向けの商売ですので。

つまり、理容師さんというのは、ミリ単位に近いレベルで生きているということです。こっちをあと数ミリ短く、こっちを数ミリ長く。。

簡単にいうと器用で正確な技術の持ち主が多いわけです。そこにセンスがあるかどうかはフィーリングが合うかどうかなのでまた別の話です。

さらに、後述していこうと思いますが、育毛商品の知識も多いので、当然カラーの塗布などの扱いについても敏感です。なぜかって、美容室よりも育毛方法に悩んでいる人が来る割合が圧倒的に多いからです。

だからこそ、そんなお客様を満足せる商品も取り揃えていますし、その商品の使用感、お客様の声もたくさん聞いてきているわけです。経験が違うって話です。


あまり安いお店にはいかない


これは、安いと下手だ。って話ではありません。安いお店は客数が大事になりがちなので、作業がどうしても雑になりがちな理容師さんがいるってことです。

たとえば1000円カットのお店などありますが、美容師さんが1時間かけて行うカットを10分でやったりするわけなので、ハッキリいって彼らは上手いです。しかも結構正確な仕事をします。

これは、美容師さんなんかに聞いても同じような答えが返って来ると思うのでぜひ聞いてみてください。

問題は、シャンプーなんです。

カラー剤で頭皮を傷めてしまうってことの可能性は記述しましたが、一瞬頭皮に付着したらもうダメかというとそんなことはありません。

付着することよりも、しっかり洗い流すことが大事なんです。その観点でいうと、これでもかってくらい丁寧に流してくれるお店というのは単価の高いお店です。なので、頭皮を守るためにもカラーはじっくり施術してくれるところがオススメです。

合わせてよく読まれる記事

  1. 肩こりがひどい理由は横向きの寝方だって知ってた?簡単に治せる…

  2. まずうつ病診断チェック!あなたはメンタルクリニックに行くべき…

  3. 【増毛髪型】薄い髪でも似合う髪型|育毛もいいけどスタイルどう…

  4. メンタル クリニックの意外と知られていない精神科の違いとは?…

  5. マツエク開業に必要な資格大全!まつ毛エクステは美容師免許が必…

  6. 【薄毛対策】原因探索よりも大切なこと|隠す似合う髪型のおすす…