医療事務は独学取得は可能?潰しの効く資格を取得するなら医療事務!

将来のスキルや、ブランク後の安定した仕事を約束してくれる資格として女性に人気の医療事務!
でも、最後に勉強したのはいつだろう。。資格取得の途中で挫折しないかどうかも不安。

実は独学や通信での資格取得がほとんどの医療事務の真相に迫る!

資格検定『医療事務』とはどんなもの?

医療事務という資格は、医療関連施設の事務職としての就職・転職・再就職に役立つ、女性に人気の資格で圧倒的な知名度と信頼があります。

医療事務は座って行う仕事で体力をあまり必要としないため、年齢に関わらず、長く安定して働けます。

正社員・パート・アルバイトなど勤務形態もさまざまで、働き方が選びやすいのも魅力の一つ。

結婚・出産後に強い資格

一度休職したりブランク後の再就職を考えたい方、家事や育児と両立しながら働きたいという方におすすめの資格です。

医療関係の仕事は多くあり、今後も高齢社会の到来により仕事が触れていくことが想定されます。

医療事務の仕事内容

病院や診療所で受付や会計(患者対応や金銭授受など)カルテ管理・入力業務、レセプト業務、クラーク業務を行うのが医療事務の仕事です。

医師、看護師、患者の間に立って、事務作業を一手にこなす病院の要とも言える存在。

レセプト業務は、医療費の7割(患者が病院で支払うのは医療費の3割)を保険組合に請求するために必要な書類(レセプト)を作成し、請求するまでの一連業務です。

レセプト作成や会計業務を効率的に行うために、医療や薬の知識も必要になります。

医療事務資格の種類

[adsense]
一般的に「医療事務」と呼ばれている資格ですが、実はこれは1つの資格ではなく、医療現場の事務に関する資格ということで、その種類は数多く存在します。

また、医療事務は国家資格ではなく、全て民間団体や主催学校などの認定資格=民間資格となり、医療事務関連の求人に応募する際に資格は必須ではありません。

面接で資格の有無を問われることがあるため、医療事務の資格を取得していると就職に有利な場合があるので、資格を取得される方がほとんどです。

市販のテキストで独学

資格試験に合格するための秘訣としては、複数のテキストに手を出すのではなく、1冊のテキストに集中してしっかりと勉強することが大事です。

ということは自分に合ったテキストを使うことが合格の秘訣です。

独学は費用を抑えて勉強できる点がメリットですが、自分で学習スケジュールを立てたり、調べてもよくわからない点が出てきた時などのモチベーションを維持したりするのが難しいというデメリットもあります。

意志が強く地道にコツコツと勉強できる人。

自己管理をきちんと行ってとにかく費用を抑えて取得したい人向けと言えます。

勉強に掛かる費用

約1万~1万5,000円が相場と言えるでしょう。

内容としては、

・解説本

・問題集

・診療報酬の点数早見表代

などがそれにあたります。費用的には通信講座などに比べて格安と言えます。

まとめ

医療事務の資格の種類は多岐に渡ります。

最終的にはいくつかの資格試験を受験する可能性もあるので、独学でできるだけコストを抑えていくことが重要と言えるでしょう。

合わせてよく読まれる記事

  1. 【飲み会断り方】行きたくない!と思ったらまず読む自然に断る方…

  2. 一体何が変わった?新TOEICの変更点とは?

  3. 『彼氏の友達が好き』諦めるべきか相談するべきか迷ったら読むべ…

  4. 嫁が束縛する心理は?奥さんでもこれはひどい…と思った時の対処…

  5. 結局、ワタシは当てはまるの?コレを読めば生活保護の受給・申請…

  6. 【当て逃げ】絶対に遭わない方法|検挙率10%捕まらないなら予…